菊池建築事務所
HOME
| コンセプト | 事務所案内 | お問い合わせ | 
思うところ
  • はじめに

  •   岡山に住んでいて思うこと
      細かくアドバイス
      家をつくりたいなら?
      坪単価?

  • ジャガイモと玉ネギ論
  • 男女の収納観?の違い  

  • とっても身近なアイデア
  • の積み重ね(空間編)  

  • とっても身近なアイデア
  • の積み重ね(実用編)  

  • タダでできる?
  • ちょっとした工夫  

  • 最近のキッチンで
  • おきていること  

  • 子育てして思うこと



  • 作品紹介

    お手伝いした家々

    設計姿勢

    リ・フォームと
    リフレッシュ 

    家が建つまで

    写真ブログとQ&A

    マイライフワーク

    プロフィール

    お問い合わせ

    リンク


    Kikuchi BLOG

    はじめに

    ■岡山に住んでいて思うこと
    岡山県地図
    岡山県庁HPより
    岡山というところ、こと住宅に関しますと、住宅メーカーさんのシェア率が高いそうです。私自身が設計活動を通じて感じることは、住まいは必要以上に自己主張する(目立つ)形態は好まれない…、言い換えると、自己主張はキラリと光るくらいがちょうどよくて、むしろ実用性を望まれることが多い、そんな傾向にあるような気がします。そのニーズにきちんとお答えするには、「パッと目」格好よく見えるHPをつくっても仕方ない、きちんと中身が伝わるHPにしないと…で、どうも、文字が多くなってしまいました。


    ■細かくアドバイス
    Copyright 菊池建築事務所
    Copyright 菊池建築事務所
    現代、バリアフリーにシックハウス、耐震…などなどの用語が飛び交っています。その対策などは実は今や当たり前でして、プロが行う「最低限の対策」といってよいでしょう。もちろんこれも大切なことなのですが、もっと小さな、なんでもない身近なこと(あるいは所帯じみた話)の積み重ねが家づくりに不可欠…なのに、あまりに身近すぎるのか、ほとんどのお施主さんは、私がご提案すると「それ、便利ですよねぇ!」とか「そんなことができるんですか?」とお答えになります。所帯じみた話をきちんと解決してこそ、お洒落な生活も現実となるものです。



       ・ジャガイモと玉ねぎ論(男女の収納感?の違い)
       ・とっても身近なアイデアの積み重ね(空間編)
       ・とっても身近なアイデアの積み重ね(実用編)
       ・タダでできる?ちょっとした工夫
       ・最近のキッチンでおきていること
       ・子育てして思うこと   
    Copyright 菊池建築事務所 Copyright 菊池建築事務所 Copyright 菊池建築事務所

    ■家をつくりたいなら?
    「家を建てたいんだけど、どのようにしたら?」…という疑問をよく耳にします。そんな時、端的には

    「家を買いたいならメーカーさんへ、家をつくりたいなら設計者へご相談をされては?」

    とお答えしています。いろいろな考え方がありましてこれは価値観の問題ですが、ただ、住宅メーカーさんで建てる場合も設計者に依頼する場合も最終的なご予算はさほど変わらないのでは?と思っています。ただ、満足度をどこに求めるか?…がポイントでして。

    ■坪単価?
    坪単価というやつ、とっても荒っぽい表現方法でして(確かに目安にはなりますが)、システムキッチンにドーン!と100万単位のご予算…で坪単価は簡単に変わってしまいます。が、あえて坪単価に直してみるなら、このHP上ご紹介する画像群の建物はほとんどが坪50万円台です。55万円くらいが多いですね。その坪単価に含まれるものの内訳は…

    <坪単価に含んでいるもの>
    ・建築主体工事、電気設備工事、給排水衛生設備工事、
     機械設備工事一式
    ・照明器具関係
    ・情報端末設備や宅内LAN
    ・屋内外の給排水(浄化槽がある場合浄化槽含む)
    ・システムキッチン、その他キッチン廻り
    ・ユニットバス、洗面脱衣の化粧台関係
    ・ウォシュレット等トイレ廻り
    ・24時間換気システム


    <坪単価に含んでいないもの>
    ・土地代(仲介手数料等含む)
    ・諸費用(登記・税金関係・銀行融資手数料等・
         火災保険・契約書印紙・引越し費用等)
    ・設計監理料
    ・家具、カーテン、エアコン、エクステリア工事
    ・地盤改良工事(必要な場合)
    ・上下水道の負担金関係

    などです。
    と、羅列してもわかりにくいですね。「家が建つまで」で少しずつご紹介してゆきたいと思いますが、不確定要素(坪単価には含めにくい項目)を除いて「現代人がきちんと住める状態」を坪単価で表現するのが誠実な姿勢だと思っています。逆に、上記の内容で坪55万ほどのご予算があれば、このHPにご紹介しているような中身は(岡山では)実現可能!と申し上げてもいいでしょう。それ相当の満足度を感じていただけるのではないかと。
    Copyright © 2008 Kikuchi Kentiku Jimusyo Allrights reserved  菊 池 建 築 事 務 所