菊池建築事務所
HOME
| コンセプト | 事務所案内 | お問い合わせ | 
思うところ
  • はじめに


  • ジャガイモと玉ネギ論
  • 男女の収納観?の違い  

  • とっても身近なアイデア
  • の積み重ね(空間編)  

  • とっても身近なアイデア
  • の積み重ね(実用編)  

  • タダでできる?
  • ちょっとした工夫  

  • 最近のキッチンで
  • おきていること  
      食器棚が
    小さくなってきている?   
      4点セット+α
    …作業スペースに   
      アイランドキッチン
    (ペニンシュラキッチン) 
      IHヒーターの換気扇
      床下収納
      冷蔵庫+食品庫
      キッチン廻りの動線処理
      勝手口とクローク

  • 子育てして思うこと


  • 作品紹介

    お手伝いした家々

    設計姿勢

    リ・フォームと
    リフレッシュ 

    家が建つまで

    写真ブログとQ&A

    マイライフワーク

    プロフィール

    お問い合わせ

    リンク


    Kikuchi BLOG

    最近のキッチンでおきていること
    オール電化住宅やシステムキッチンの進化、IHヒーターや食洗器の登場…などなどの諸理由からか、最近のキッチンには面白い現象がいろいろと起きています。ほとんどの場合そうなのですが、キッチンにこだわりを見せるのは奥様方。今まで住宅の設計やお打ち合わせを通じて奥様方から学んだことも数々ありまして、そんな経験値やキッチンメーカーさんとの雑談の話題などなどをご紹介します。

    ■食器棚が小さくなってきている?

    この項、あえて冒頭にもってきた面白い現象、物理的顕著な例が食器棚。キッチンのバックヤード(バックスペース)に欠かせない食器棚、が、小さくてよい?という現象が起きています。
    Copyright 菊池建築事務所
    Copyright 菊池建築事務所
    いずれも左奥が食器棚(巾90cm)あとは家電置き場と作業スペース。
    かつては「水屋」と称して4人家族なら150cm巾くらいの食器棚がよく置いてありました。

    〜システムキッチンの金具〜
    私が注目して、ここで是非ご紹介したいのは、キッチンを特注でオーダーする場合も含めて、システムキッチンの収納部分の金具。キッチンメーカーさんの市販品もそうなのですが、そのほとんどが引き出しタイプです。で、引き出しのレールが頑丈になってきて、相当重たいものを収納しても大丈夫になってきた。つまり、普段あまり使わない食器類を収納できるようになってきました。
    Copyright 菊池建築事務所
    ● 引き出しタイプのキッチンの例
     

    〜食洗器の登場で〜
    オール電化住宅にすると、深夜電力利用で割引時間帯(電力会社との契約内容によりますが)が発生します。できるだけその時間帯に電力を使うのがオトク。最近のシステムキッチン、お施主さんは標準装備がごとく食洗器付きをご選択されているようで、食洗器のスイッチを入れるのは深夜電力利用の時間帯。朝には食器がキレイになって乾いている。朝食に使う食器は食洗器から取り出して使う。しかも、よく使う食器は限られていて、食洗器が食器棚代わりなっているご家庭が増えています。中には昼食用、夕食用に2つ食洗器をビルトインしたキッチンを組むお客さんもいらっしゃいました。もちろん食器は必ず食器棚に収納するご家庭もありますので誤解なきよう。
    Copyright 菊池建築事務所 食洗器をビルトインしたシステムキッチン(画像中央が食洗器)


    ■4点セット+α…作業スペースに

    お施主さんに必ず尋ねること、そしてほとんどお持ちの4点セット(と私は呼んでる)。電子レンジ・炊飯器・オーブントースター・電気ポットの4つ。それに+αとして例えばコーヒーメーカーあたりが加わる。これら調理補助器具をどのように機能的にレイアウトするか…がバックヤードの設計のポイントです。
    Copyright 菊池建築事務所
     
    バックヤードの一番奥は家電収納用のセット。
    炊飯器や電子レンジなどを立体的に収納するタイプです。
     

    ■アイランドキッチン(ペニンシュラキッチン)

    ちょっと特筆したいことがあるので、この項を設けてみました。アイランドキッチンを実際に使っている奥様から聞いた感想。アイランドキッチンにしようかどうしようか迷ってる方がいらっしゃったら参考にしていただければ幸い。いわく、
    「前を隠すタイプのキッチンは隠れているからキッチンを汚して使ってもいい…という負の思考回路になるけれども、アイランドキッチンはキレイに使おう…という前向きな気持ちになりますね」
    Copyright 菊池建築事務所
    Copyright 菊池建築事務所
    実はIHヒーターの登場がアイランドを後押ししているようです。レンジ廻りのお手入れはサッと拭くだけ。アイランドキッチンを選択されて、使いこなさないといけないストレス?があるなら、奥様はずいぶん気が楽になるようです。もとより、使い手の「性格」は重要な要素ですので、あくまでご参考になれば。

    ■IHヒーターの換気扇

    IHヒーターの換気扇の高さに注意することがひとつ。ガス調理器具だと、ガスの燃焼に伴う熱で上昇気流が発生します。換気扇はその空気を排出していれば良い。ところがIHヒーターの場合は、調理の際の湯気を上から吸い上げるイメージになります。で、換気フードは高い位置には設定できない。床から170cmあたりがその下端。フードの位置が気になる、あるいは頭を打つかもしれない奥様(ダンナさん)もいらっしゃいます…、が、これは「慣れ」かな…。
    Copyright 菊池建築事務所
    ステンレス製の換気フード
    市販品でカッコいいデザインのものが増えています
     

    ■床下収納

    キッチンにある床下収納というやつ、便利なようなそうでもないような…。どうも、頻々に開けてお使いの方はあまりいらっしゃらないようです。何を収納したのか忘れてしまうことも。ここでは知識の部分だけ述べてみますと…。水廻りはメンテナンスのために必ず床下点検口が必要です。これは絶対。床下収納庫はそれを兼用できる。収納用のハコをパカッとハズせば、床下にもぐりこめます。(設けない場合あるいは取り外し式でない場合は他に点検口を設ける必要があります)さて、この床下収納、収納する以上フタが必要でして、上を歩くとギシギシして違和感を感じるかたもいらっしゃいます。その他、スライド式や電動昇降タイプなども市販されてますね。
    Copyright 菊池建築事務所
    Copyright 菊池建築事務所
    ● 画像はパナソニックさんの市販品です


    ■冷蔵庫+食品庫

    もはや時代は、「買出しは車で」。歩いて行ける距離に魚屋さん・肉屋さん・八百屋さんは無くなってきて、24時間営業のスーパーマーケットさえ登場、一度にまとまった量の食材を「買出し」に行くのが一般的となっています。「ジャガイモと玉ねぎ論」で、(たとえ大きくなくても)食品庫の必要性をご紹介していますが、カップラーメンや乾物、調味料やら諸々、相当の量をストックするだけのスペースは必要でしょう。冷蔵庫+食品庫はセットで計画が必要だろうと思います。こういうところは奥さんの希望を是非聞いてあげてくださいね、お洒落に暮らすには適切な収納があってこそ。
    Copyright 菊池建築事務所
    Copyright 菊池建築事務所
    ● 大容量の食品庫 目立たない位置にはオープンカウンター形式


    ■キッチン廻りの動線処理

    ● 基本は直線動線と引き戸
    とかく現代人の生活はいかにストレスと向き合うか?…などと言われ、家事炊事は効率よくストレスにならないようにしたいもの。短時間で済ませてできるだけ時間を生み出したいものです。さて、家事で一番動き回るのがやはり水廻り。キッチン・洗面脱衣・浴室あたりで、調理や食事、その後片付け、洗濯機を回したり洗濯物を干したりアイロンをかけたり。家電製品がどんどんと進歩して、それら家事を並行して行えるようになりました。洗濯機を回しながら食事の準備…など。で、その並行作業には何かを手に持って動くことが多い。なので、とにかく直線的にすぐに移動できるようにプランニングするのがコツ、できれば諸室は隣にあるのが良い。クネクネと遠回りすると時間のロスだし、壁にものをぶつけたり自分も壁にぶつかったり。それから、「開けっ放し」にできる引き戸にしておくのが基本です。
    また、水廻りをコンパクトに納めるのは配管工事などの工事費の節約になる…のは皆さまよくご存知ですよね。
    Copyright 菊池建築事務所
    Copyright 菊池建築事務所
    ● 家事室(クローク)を隔てて洗面脱衣突き当たりが浴室
    Copyright 菊池建築事務所

    ● キッチンの奥が洗面脱衣室と浴室
    Copyright 菊池建築事務所

    ■勝手口とクローク


    勝手とはもともと台所のこと。井戸から水を汲むこともなく、薪を燃やすこともなくなった現代、勝手口の役割は昔ほどではなくなってきました。アニメ、サザエさんには三河屋さんが昔ながらに勝手口に登場しますが、今は昔の話か。
    勝手口も動線処理の中で考えておきたい事項のひとつ、もっぱら「ゴミ出し」の用途でご希望される奥様が多いのですが、そのためだけに設ける勝手口ならモッタイナイよな気がして、つくるならうまく多機能に「使える」勝手口をつくりたいものです。
    で、キッチンから直接外に出る勝手口はあまりオススメしていません。クツの履き替えに困ることが多い。下足用のサンダルが外にあるだけの状況だと、ホント「ゴミだし」くらいにしか使わなくなってしまうことが多いです。
    Copyright 菊池建築事務所
    Copyright 菊池建築事務所
    Copyright 菊池建築事務所
    画像は洗面脱衣室横にクロークを併設した例。
    クロークに勝手口を設けています。
    Copyright © 2008 Kikuchi Kentiku Jimusyo Allrights reserved  菊 池 建 築 事 務 所